映画「マジック・ツリーハウス」とは

満を持して映画化された「マジック・ツリーハウス」、原作は全米で1億冊は読まれているという大ベストセラーになり、日本でも450万部を突破した大人気シリーズの児童書です。

日本でブレイクしたきっかけは、小学校の読書の時間だと言います。

ほどよいボリュームで、冒険に出てくる国や時代が正確で、読書をしながら歴史や文化、自然などについて学べるように書かれているため、子供たちの学習意欲が引き出せると、推奨された児童書でしたが、そのわくわくドキドキの大冒険なお話に夢中になった子供たちがたくさんいました。

このたびの映画化は、ファンの子供たちが待ちに待ったと言っても過言ではないでしょう。

それほど長く続き、愛されてきた作品です。

原作のシリーズはアメリカ版では50冊、日本語版でも34冊にも及ぶ超大作です。

シリーズの話に出て来たことを掘り下げた探検ガイド版なども発表されています。

原作ではマジック・ツリーハウス・シリーズと、マーリン・ミッション・シリーズとに分かれています。

どこを映画化されるのだろうと思っていたら、少し原作と被るところもありますが、設定はオリジナルで映画用に作られるというので、楽しみな気持ちも倍増ですね。

便利な多焦点眼内レンズ

知人が白内障の手術で多焦点眼内レンズを入れたそうです。http://tasyoten.hakunai.com/
白内障と聞くと80代ぐらいの高齢で患うイメージがあったのですが、今は50、60代の方でも手術を受ける方が少なくないようです。知人は老眼鏡をかけたくないという理由から多焦点眼内レンズを選択したそうです。視界がクリアになって生活が楽になったと話していました。

10月に入りやっと涼しくなるかと思ったらまだ蒸し暑く、台風のニュースも入り今年は頻繁に上陸する年となりました。今月はテレビアニメの連載もいろいろと始まります。全てを録画することはできませんがいくつか注目の作品もあるので楽しみです。

Continue reading

横浜の眼科へ

ドライアイの症状なのか、最近目の疲れがひどいので近いうちに横浜の眼科で診てもらおうと思っています。
クイーンズ・アイクリニック
普段使っているソフトコンタクトレンズを使うのが辛くなってきて、これも目の調子が悪くて起こっているのなら変えなければなりません。私は片方の視力が確か乱視だったと思うので、先生に相談しながら新しいレンズを決めたいと思います。これまでは決まったレンズだったことからネットで購入したりしていたので、定期的に診断を受けて見直したいと思います。というのは、人間のカラダはいつまでも同じ状態ではないんですよね。多分、私は仕事も趣味も画面をよく見る環境なので、それで目の不調や変化も早いのかもしれません。

もしドライアイだとしたら、と思っていろいろと調べたところ涙を流すのはいいそうですね。これは専門家による情報ではないのですが、今度聞いてみようと思います。もし良いとすると、泣けるアニメなんていいのではないでしょうか。戦争の悲惨さや友情や勇気の涙など、私はアニメから多くを学んでいます。

Continue reading

皮膚の常在菌、善玉菌を育てよう!

この春、新たな気持ちで肌改善を目指しています。今までのスキンケアを見直して新しく洗顔セットを揃えました。
http://hc-e.com/
肌の改善計画中です。昨年はストレスも多い年だったせいか肌荒れがひどくなってしまっていました。ガサガサ肌に保湿ケアをすると吹き出物が出て、その跡もなかなか治らず…といった悪循環で、とにかく抗菌、除菌、清潔第一!と躍起になってしまっていたと思います。そのうち肌が黒ずんで硬くきてしまって、いったいどうしたらいいのか途方にくれていたところ、テレビで菌について医師が話しているのを聞いたのです。私は肌に必要な菌まで消してしまう方法を一生懸命やっていたのだと知り、今まで間違ったスキンケアをしたことに気づきました。今は肌の菌のバランスを整えなおし、やわらかい肌にするのが目標です。

さて、今週末はアニメ仲間の友人とドラえもんの映画を観に行く予定です。これ、私のまわりではとても評判がいいので楽しみです。金曜日は地上波で今までアニメで有名な作品だったバカボンが実写化された映画が放送されますね。日本を代表する漫画家さんたちの作品が世代を超えて愛されるものになっていると感じます。

Continue reading